パート看護師がフィールドナースとして働く場合の特徴

フィールドナースの仕事内容とは?

パート看護師がフィールドナースとして働く場合の特徴



フィールドナースは医薬品メーカーや医療機器メーカーの社員として看護師の資格を活かしながら活躍する看護師を指します。営業マンでは説明しきれないことをサポートする役目があります。今回は看護師パートがフィールドナースとして働く場合の特徴をご紹介しましょう。

<一般企業の社員と同じ雇用条件である>――このことが一番の特徴点だと思います。 看護師国家試験に合格した人の大部分は医療機関へ就職するのが普通です。 病院看護師として働く人が一般的です。

その看護師達はハードな現実に直面します――夜勤・当直・二交代制や三交代制の変則的なシフト勤務です。結果的に肉体的にも精神的にも大きなダメージをうけます。 そんな過酷な医療現場で勤務時間や労働内容に見合った評価や給与をもらっているナースはごく一部でしょう。

ではフィールドナースはどうでしょうか? フィールドナースは一般社員と同じような勤務体系になります。 1日8時間労働ですし、土日や祝日は休日です。 週休二日制で育児休暇や産休も取得できる福利厚生は充実しています。 このような恵まれた職場環境を獲得できるわけです。

看護師国家資格を取得してそれを最大限に活用できる理想的な職場環境です。 看護師の皆様は総体的に向上心が強い傾向にあります。 豊富な経験や高い看護技術・医療知識を持つ看護師がフィールドナースを目指そうとするのは当然かもしれません。

<企業の中で看護師資格を活用して勤務する会社員>というのがフィールドナースのワークスタイルです。 ナースという呼称ではありますが、必ずしも看護業務に携わるとは限りません。 こういったことから会社によっては「クリニカルスペシャリスト」という名前をフィールドナースの代わりに使っていたりします。

看護師という捉えかたよりも、「看護師国家資格をフル活用して看護分野や医療分野の経験や知識を用いることによって業務する専門家」というほうが適切なのでしょう。 業務そのものはとても広範囲です。

その人それぞれの特性に合った職場が多数見つかると思います。当直や夜勤はまずありませんし、休日休暇も取得しやすいのがフィールドナースの特徴だと思います。
助産師のお給料・年収について


看護師のヒヤリハットについて

看護師の主な職場は病院ですが、病院はその特性上、忙しくなりやすい職場です。病気にかかる患者さんは多く、来院される方は後を絶ちませんし、中には緊急で処置の必要な方が運ばれてきたり、入院されている方でも急な容態の悪化で呼び出しがかかったりと、慌ただしくなるケースはとても多いです。

看護師もその状況の中で正確に仕事をしていく事が求められます。もちろん命に関わる事もあるので、一つのミスが大きなトラブルに繋がる事もあります。

医療現場で時々起っているものにヒヤリハットがあります。もう一歩間違えていたら致命的、重大な自己に繋がりかねなかったという状況の事を指し、看護師の中でも、特に経験の浅い看護師の方は気をつけなければなりません。

看護師の中でも多い事例が注射と点滴、次に与薬と続きます。点滴では注入速度や注入量を間違えてしまう、与薬では時間を間違えたり、重複して投与してしまったりという事が多くなっています。

これらは直接大きな事態になっていないため、その場だけで見過ごされる事も多いですが、積み重なるといつかは大事故に繋がる可能性を秘めており、対策をしていく必要があります。

一度でも起こせば患者さんの命が危なくなるのですから、少しでも不安な要素になるものは前もって対策を打つ必要があるのです。そのため、新人の方は特に厳しいと感じることもあるかもしれませんが、今後の看護師人生のためにも、ミスなく仕事をできるよう指導されます。

大きな自体が起こるまでには10件のヒヤリハットがあるとも言われています。看護師の方はヒヤリハットを起こさないように常に気を付けるのはもちろんですが、重大な事故を起こさないためには何を対策すれば良いかという事を日々考えていく事が大切です。

指さし確認、声出し確認などの工夫で2重、3重にもミスを防げるように工夫している職場もあります。こういったアイデアを職場の方で考え合って出していくとミスを防いでいく事ができます。

奨学金制度を利用して准看護師になる

学びたいと思っているのに家庭の都合で学費を払えない人を助けるシステムが奨学金制度です。学費だけではなく、生活費を給付してくれたり貸与を行ってくれたりするのが奨学金になります。経済的困窮を改善して学業に専念する事が、奨学金制度を活用する事で可能となるでしょう。

先ほども述べましたが、給付と貸与、奨学金にはこの二つが存在します。給付された奨学金は、文字通り返還する求められないものです。ですが貸与のケースでは「お金を借りる」という意味になりますから、決まった期限内に返していくことを求められます。

准看護師学校にも奨学金制度は存在しています。准看護師学校に進学したいけれど、金銭的に余裕がなくて諦めなくてはならない、といったケースでは、奨学金制度を活用することを視野に入れてみてもいいでしょう。准看護師学校における奨学金制度をここで紹介させてください。

まずは独立行政法人日本学生支援機構
高校や専修学校にまつわる制度です。奨学金を利用するためには、入学前、および在学中の申し込みをすることになります。

独立行政法人日本学生支援機構
高校や専修学校を通して申し込みを行って下さい。第一種奨学金は無利息の奨学金となり、第二種奨学金の場合は一年間に3パーセントの利息が生まれる奨学金となっています。

次は各都道府県の地方公共団体や各市町村が設けている奨学金制度になりますが、こちらの条件は各地方自治体により違いがみられる様です。給付貸与条件だけではなく、利息に関しても地方自治体の指定がそれぞれ存在しています。

通学している専修学校などが行っている奨学金制度もありますが、こちらも各学校によって条件が異なるようです。学校指定の給付条件、貸与条件などがありますので、各学校に問い合わせてみましょう。

最後に病院の設けている奨学金制度です。すべてではありませんが病院によっては制度を設けているところもあり、利用者は卒業後、貸与した期間と同様の機関働く事が、奨学金を返済しているのと同じ意味になります。ただし事情があって働けない場合は、お金を返金する必要がありますので注意して下さい。

看護師の魅力を再確認│透析看護師の仕事

看護師の仕事はとてもやり甲斐があり、魅力的な仕事です。 多くの人が看護師の魅力にひかれて医療の現場へと踏み出していますが、同時に看護師不足も長年にわたり日本では問題となっています。ここでは看護師の仕事の素晴らしさを再確認してみたいと思います。

看護師の仕事について、一番の魅力は医療の現場で人の役に立てるということではないでしょうか。 誰でも自分自身が病気になったり、大切な家族が体調を崩すのはとてもつらいことです。

実際の診察や手術は医師がするのですが、看護師が果たす役割はとても大きいので、身近な所で看護師の活躍を目の当たりにして自分も看護師を目指そうと思う人も多いようです。

世の中にはいろいろな仕事があり、どんな仕事も何らかの形で人の役に立っているとは思います。 でも看護師の仕事は患者さんのケアをするというように、人との距離がとても近い仕事なのです。

看護師の仕事は人と関わる仕事ですが、こうした仕事はこの先も決してなくなることはありません。 それどころか、これからの日本では高齢化がすごいスピードで進みますから、ますます看護の仕事は重要になってくるでしょう。 病院だけでなく、介護施設や訪問看護の仕事をする看護師も増えるはずです。

とてもやり甲斐のある仕事であるとともに、一度資格を取得すれば生涯に渡って看護師の仕事に携わることができることも魅力です。 とくに女性は結婚や出産で一時的に仕事を離れる人も多いです。

せっかくキャリアを積んでも、ブランクがあると再就職できなかったり年齢がネックになって仕事が見つからないこともよくあります。 でも看護師であれば、子育てと仕事を両立することができたり、一時期仕事を休んだとしても復帰できる仕組みが整っています。

経済的な面でも仕事を続けられることは大きな意味を持ちます。 看護師になるには国家試験に合格しなければなりませんが、専門教育を受けてしっかり勉強すれば、国内のどこででも通用する資格を得ることができるのはとても素晴らしいことです。